ge001
「第15回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞した玉田志織さんが、27日発売のマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)31号に登場した。
 玉田さんは2002年2月20日生まれの16歳。今年、「第90回記念選抜高等学校野球大会(センバツ)」(毎日新聞社、日本高等学校野球連盟主催)の応援イメージキャラクターに起用されたことも話題になった。マンガ誌に登場するのは初めてで「超逸材」と紹介され、制服姿や水着姿を披露した。

玉田志織:16歳の“国民的美少女”がマンガ誌初登場 超逸材! -マイナビニュース

この記事へのコメント

1. 名無し   2018年06月30日 21:13
いいぞ~これ
2. 名無し山口勃也   2018年06月30日 21:14
要チェックだ
3. 名無し   2018年06月30日 21:42
ありがとなす
4. 名無し   2018年06月30日 22:21
アナルはまだ未経験です
5. 名無し   2018年06月30日 22:32
先ずは名前を変える事が優先
6. 名無し   2018年06月30日 22:35
高3の秋。両親と妹が親戚のとこに行って夜まで帰ってこないので、家には俺ひとりきり。
そこで俺は最高にゴージャスなオナニーをしようと思いついた。
居間のテレビでお気に入りのAVを再生。洗濯機から妹のパンティを取り出し、
全裸になって頭からそれをかぶり、立ったまま息子を激しくシゴいた。
誰もいない家で、しかも真昼間にやるその行為はとても刺激的だった。
俺はだんだん興奮してきて、
「ワーオ、最高!イエース!グレート!」と叫びながら
エアギターを弾くように部屋中を動き回ってオナニーをした。
テーブルに飛び乗り、鏡に自分の姿を映し、
「ジョジョ」を髣髴とさせる奇妙なポーズでチンポをこすってみた。
すさまじい快感で汗とヨダレが流れるのも気にならなかった。
「ヨッシャーいくぞー!! ボラボラボラボラボラボラボラボラ ボラーレヴィーア!!」
俺はゴミ箱の中に直接ザーメンをぶちまけようと後ろを振り返る。
そこには両親と妹が呆然と立ち尽くしていた。
怒りとも悲しみともつかない不思議な表情を浮かべながら…。
「な、なんなんだよ!お前ら!!」
俺は叫んだ。
今思えば「なんなんだ」と叫びたかったのは父のほうだったに違いない。
あの瞬間、俺は世界一不幸な男だった。それは断言できる。
その後の数週間いや数ヶ月も辛かった。家族から向けられる蔑みの視線…。
しかしそんな俺も今こうして生きている。
もしなにかに悩んでて「死にたい」って思ってる人がいたらどうか考えなおしてほしい。
人間というのは、君が考えているよりはるかに強い生き物だから。
人間はどんなことでも乗り越えていけるのだから。
俺が言いたいのはそれだけだ。
7. 名無し   2018年06月30日 22:41
志織のぐちょぐちょまんこ舐めたい
8. 42歳童貞男   2018年07月01日 03:47
セックスしたい(;´Д`)ハァハァ
9. 名無し   2018年07月01日 06:13
*6
一回死んでこい
10. 名無し   2018年07月01日 10:42
先生もこの娘でオナニーしてる
11. 名無し   2018年07月01日 11:38
玉井詩織?
12. 名無し   2018年07月01日 15:42
>6 ただの変態or精神障害者
13. 名無し   2018年07月02日 02:12
玉田ゴール✨✨⚽➰🏃
14. 名無し   2018年07月03日 07:25
いや文章だけで笑ったの久しぶりだわww

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...