ge001
タレントの華村あすかが1日、東京・六本木のテレビ東京本社で行われたドラマ25「宮本から君へ」(毎週金曜深夜0:52~、4月6日スタート)の記者会見に、主演の池松壮亮、共演の星田英利、古舘寛治、浅香航大、メガホンをとった真利子哲也監督とともに出席した。
90年代に多くの若者を魅了した新井英樹氏の名作漫画「宮本から君へ」をドラマ化した同作。文具メーカー「マルキタ」の新人社員で、恋にも仕事にも不器用な宮本浩(池松)が営業マンとして、人間として、成長していく姿を描く。
同作が初ドラマ出演にして初ヒロインとなった華村は、「この原作を読ませていただいたときに、読み進めていくとすごく熱い気持ちが沸き起こって、セリフ1つひとつが役柄毎に個性があふれていて、この世界観に入れて幸せだなと思いました」と感慨深げに回顧。約2ヶ月の撮影を終えて「監督をはじめ、現場の皆さんに助けていただきながら、無事に演じ切ることができました。本当に感謝しています」と頭を下げた。
さらに、宮本が一目惚れをする甲田美沙子役については「女性らしく、純粋で可愛いところもあれば、美沙子の弱さや繊細なところもあって、演じていて美沙子の気持ちに同じ女性として共感するところもありました」と語った。

「スゴすぎて言葉にならない」注目の美女・大原優乃、ピチピチすぎて目のやり場“異例の新人”華村あすか「帰りに1人で泣きました」初ドラマ&初ヒロインの思い明かす<宮本から君へ> -モデルプレス

この記事へのコメント

1. 名無し   2018年05月04日 09:09
欲しい
2. 名無し   2018年05月12日 00:24
いきなり主演て期待の女優なの?それとも他に理由が?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...